テーマ:神話

伝-14.あるところの 桃太郎(その1)。

最近のテレビCMでも、根強い人気の「モモタロウ」。 かぐや姫さん、一寸法師さんにも敬意を払い つつ、古いブログ記事を再度、アップさせて いただきました。  (その2)、(その3)等は、トップから、  ⇒(伝ー15)(伝ー16)(伝ー17)ご覧ください。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^~~ あるところの モ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

追記-2.「姫路菓子博2008」と、お菓子の神さま。

姫路菓子博2008、 終了しました! ○ 期間:平成20年、4月~5月 の24日間、 会場:姫路城周辺、にての狂騒劇も無事終了。   ◎それに続く、「ザ・祭り屋台 in 姫路 2008」も    終わりました。   「ザ・祭り屋台 in 姫路」 の記事は、   ⇒ http://kounai.at.webry.i…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ふろく-1.金は お好き? -ブタも神さま?-

  市川のカッパ (゚ぺ) は、                 ○          鉄が スキで~す。でも、      金の方が、モット、好きで~す。            ◎「鉄を作る」(カッパ文)。                http://kounai.at.webry.info/200608/article…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

風-3.まだまだ続く、播磨の神話。

この後も、播磨の神話は、まだまだ続きます。 【1】野見の宿祢--龍野にて亡くなる。その墓。相撲の元祖。 埴輪の発明者。 【2】 ヤマトタケルの尊のお話。      播磨国風土記には出てこないが・・・      尊は、加古川市の出身だった、とか・・・???     景行天皇のころ    【3】 神功皇后の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄-5.温羅(ウラ)と、天日槍(ヒボコ)は、 同級生??

モモタロウの鬼の温羅(うら)さんと、天日槍(アメノヒボコ)は、 同級生なのだろうか? どちらが先輩で、どちらが後輩なのだろうか? 温羅は、大きな金棒を持っているから、たたら製鉄をしていたに違いない。      #「野たたら」では大きな鉄ゲバ棒は作れない。 天日槍は、フイゴを使ったたたら製鉄の創始者だとも云われている。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鉄-3.鉄作りの神さま。

前回、鉄作りには、神に祈ることが必要と記した。 同じことをやっても、うまく出来る事も、出来ない事もあった。 (カッパの実験では、5勝3敗だった。) 江戸時代まで行われていた、たたら製鉄でも、その様だったのだろうか。 当方の実験の失敗の原因としては、 着火方法、砂鉄の種類、塩分、湿度、などが考えられる。 ンで、成功には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝-17.あるとき・ないとき モモタロウ。

標題は、関西地方区の有名な某・食品会社の 有名なCMのパクリである。                   【551の・・・】 一方、モモタロウは、全国区である。   ◎ そのモモタロウは、いつ頃、活躍した お方なのだろうか? 一説には、紀元前とも云われている。 それは、ないでしょ~!! ◎ 神話のお話では、ある。 日本…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

伝-16.あるところの 桃太郎(その3)。 ~きびひこ・きびひめ物語~

はりまには、もう一つ、モモタロウの話がある。 「播磨国風土記」である。 その、印南郡の含芸(かむき)の里(加古川市・神吉)の、 有名な「南毘都麻(ナビツマ)伝説」(なびつま島)の中に、 モモタロウが登場するのだが・・・・ ◎注:印南郡は、約30年前に消滅。      (高砂市・加古川市・姫路市に順次、分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伝-15.あるところの モモタロウ(その2)。

現在なら、新大阪~岡山・間は、最速の 山陽新幹線「のぞみ」で、わずか45分。 途中に姫路に停まる「のぞみ」でも、たったの50分。 モモタロウがコレに乗ると、腰を抜かして、 きびだんごが・・・ ぐっしゃ~!! ◎ 桃太郎の岡山行きは、中国縦貫道、 山陽自動車道、国道2号線など陸路ではない と、 (゚ぺ) は思う。(そんな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

伝ー13.むかし、このころ、播磨は無かった?。

むかし、むかし、このころ、播磨は無かった。 【3 世紀 頃?】 前回、記したように、神武さまは、すでに、ヤマトへ行ったらしい。 卑弥呼さまの邪馬台国が何処なのか?は、永遠の謎であろうが、 「桓霊の間」(178~183年)の倭国大乱や、卑弥呼さま(239)のころ、 より前に、日本列島に、あったクニは、 ①筑紫諸国。 ②出雲。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

伝-12.播磨の神武東遷?・どんがめっさん。

どんがめっさんの伝説・民話。 ◎  むかし、白髪長髯の翁が亀の背に乗って沖で釣りを していた。 ある日、吉備水道を抜け出して来る大集団の船が播磨灘に向って 東進して来るのが見えた。 先導を行く船からチンカンドンと囃しているのが聞こえ、その中から 翁に、水先案内を頼んできた。 船団をその日のうちに港へ案内した。  里…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

伝-11.神武東遷。

ともあれ、記紀によると、 アマテラスオオミカミの孫のニニギノミコトは、日向(南九州)の 高千穂の峰に天下り、つぎに、野間岬(鹿児島県)を経て、 その曾孫カムヤマトイワレヒコ(神武天皇)は、BC.660年頃?、 日向から東遷をはじめる。 しかし、何らかの史実を反映しているコトであるならば、 その実年代は、おそらく、弥生中期(1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伝-10.神武東遷、前夜の謎・(人類学?)。

 こんなコトを記すと、お叱りを受けるかもしれないが、戦後生まれの (゚ぺ) にとっては、神武天皇さまも、浦島太郎さまや桃太郎さまとほぼ同様、 伝説上の人物と認識している。 しかし、何世紀のコトかもヨク分からないが、その伝説のモデルになった ような事象があったのであろう、とも、思っている。 ~~~~~~~~~~~~~~~~…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

伝-09.出雲。

出雲。 「出雲」について何か書こうと思ったのだが、知識不足によって、 なにも書けない。 ギブ・アップ!! =================== 時代・年代もワカラナイ。 (縄文?いや、ヤッパリ弥生でしょう?) コトの順番もワカラナイ。 (卑弥呼(邪馬台国)との関係?) 出雲の登場は、いつごろ?、 その繁栄は…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

伝ー07.「島生み・国生み神話」、その3 <古事記の解釈への疑問>

                              - おことわり。  本記事にて、当ブログを初めてご訪問下さいましたお方へ。 ご訪問、まことに有り難うございます。 (このブログは、姫路の、「市川のカッパ  (゚ぺ) 」が書いております。) 今回の、この記事にては、いわゆるトンデモ説を、 述べさせて戴きます。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶茶話-1. 沈む!オノゴロ島。

本日(H17.11.8)の神戸新聞(朝刊)によりますと、播磨灘の 家島、そして淡路の沼島が沈んでいるという。 「昨年の台風の時、異常潮位により浸水被害がでた。家島の対岸の 姫路港でも1965年の観測開始以降、最高の潮位を記録。家島では 今後に備えて、このたび、排水ポンプをたくさん備えた。」 、とのこと。 (゚ぺ)  思う…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more