テーマ:地学

鉄-4.鉄も・料理も、さ・し・す・せ・そ。

 料理のコツは、「さ・し・す・せ・そ」の用い方だと、ご当地・姫路の 料理専門学校・「みかしほ学園」の水野(譲)先生からお聞きした。 さ;砂糖 し;塩 す;酢 せ;せうゆ・醤油 そ;味噌、いや~、ソースだったかな?    (゚ぺ)??  味噌味の焼きソバは?--- ウマイかも?   しかし、ソース味のラーメンは、…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

鉄-2.鉄を作る。

 前回の続き。 馬蹄形の磁石(U字型磁石)で近所の児童公園の砂場や 播磨灘の浜辺で、お茶碗一杯ほどの砂鉄(磁鉄鉱)を集めた。 弥生人でも鉄を作っていた(?)、となると、現代に生きる (゚ぺ) としては、 意地でも自分で鉄作りをしたい!! たたら製鉄は、個人では無理!!  ◎そのご・・・・   (頑固一鐵さま より、連絡…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

伝ー02.新春特版:古代カッパの古代夢<更新世後期の海進>と<縄文海進>

◎おことわり。今までの「後氷期」を『更新世後期』に改めました。カッパ。【2011,6,10】 倉敷川(藤戸の盛綱橋:藤戸伝説の地) 〔岡山県倉敷市藤戸町藤戸〕 撮影:土井治道 旧・児島藤戸海峡( 左;本土側、 右;児島半島側)ーーーーーこの地の標高は、?m。おせーてつかぁさい。 ◎倉敷川ーー高梁川の分流?。酒津?・倉敷 …
トラックバック:9
コメント:11

続きを読むread more

伝-01.特版・播磨灘は、カッパの お皿?。

「親の恩は、山より高く、海より深い。」と、聞いていたのだが・・・、 播磨灘は、カッパのお皿?? ~~~~~~~~~~~~ 海は、ドンブリ鉢のように深いモノだと思っていた。 ・・・が、しかし! 播磨灘の平均水深は、約30mとも、26mとも。 「ボクの姫路城」をタケコプターに吊るして、播磨灘の真ん中に置いたら …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

10.古代の航路の北側の島。

古代の播磨灘の航路の、北側の島。 、 万葉時代の航路(摂播5泊)に関しては、前回述べた。  ◎5泊目が、「室津」。播磨国風土記の「神嶋」の近く?? 、 日本書紀(斉明7年)によると、661年、中大兄皇子らは おそらく大船(帆船)で、難波~大伯の海(おおくのうみ)を3日で渡っている。 # 「大伯の海」--岡山県邑久町の海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 7.播磨灘の水位の推移。

                             -- --    キッカケは、いま思うと、小学校の5年生のときに 先生がお話しされた、ひとつの伝説だった。 姫路の市街の北方の、広峰山の山裾の白国神社・増 位小学校前に、平安(?)のムカシに有ったとか云う 「亀井寺」まで、海亀があがったと言う、お・は・…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more