テーマ:交通

 5.瀬戸内海航路<東部> 

瀬戸内海は、古代からの海の回廊である。 現在では、阪神から九州方面への船は明石海峡を過ぎると 約30度ほど南方向へ向きを変え、家島諸島・小豆島の 南側の海を西へ向かう。   ―瀬戸内海は、交通・物流の大動脈である。― 一方、古代の舟は、明石海峡の野島(淡路島側)を過ぎると 上島付近を通り、家島諸島・小豆島の北側を通っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more